スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれから2年。

10月26日は特別な日です。
一昨年、水曜日でした。
妊娠7週目になり、初診の予約をしていた日でした。
でも、その前の晩から少し出血がありました。
そして朝になると治まらず、生理のような感じで。

病院に着いた頃には破水してたみたいで(7週でもするんやね)もう、駄目でした。
赤ちゃんが出てきたらまた、病院にきて下さいといわれ、帰宅しました。

バスに乗って家に帰って、すぐに赤ちゃんが出てきました。
また、病院に行って、処置をしてもらいました。



でも、周りの人は冷たいです。
妊娠7週目なんて妊娠しているうちに入らない。
死産したわけじゃないんだから。
母子手帳もまだ支給されてないんでしょ?

何が悲しいって、そういう周りの対応が悲しい。
死産と流産、どっちが軽くてどっちが重いって誰が決めるの?
お腹の中で赤ちゃんが死んだのには変わりはない。
死産した人は、赤ちゃんが生きてた感覚を感じることができたから私よりも辛いだろうけど、天秤にかけることはしちゃいけない。
次の日にはバイトに行ったらと義母に言われるし。



旦那さんはきっと覚えてない。
でも、私だけは覚えてあげよう…。
産婦人科でご用になるたびに、あなたの死んだ日…生まれた日を記入する事ができるのだから。(流産、分娩の有無を記入するからね)



スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。