スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千恵ちゃんのご冥福を祈ります…

妹に「余命一ヶ月の花嫁」を今更ながら借りて読みました。
うるうるうる~。
千恵ちゃん、頑張ったんやねぇ。
えらいなぁ。
お疲れ様でした。
太郎ちゃん、とってもいい人やわぁ。
あんなにいい彼氏に出会えて千恵ちゃん、幸せやったね。
いい友達にもめぐりあえたし。。。

この本を読んで、知り合いの男の子に「喝ぅ」だよん。
ほんと、千恵ちゃんとおんなじように若くして乳がんを患って、再発、リンパに転移しちゃった彼女を持つFくん。
なくなってから一年もたたないうちに新しい女の子と結婚。
「彼女が29やからあせってたんちゃうか?」なんて擁護する人もいるけど。
彼は彼女の死後、一ヶ月はほとんど仕事をしなかった。
一応、大切な人を無くしたショックで。
だったらすぐに結婚なんてしてほしかったな。
太郎ちゃんをみならえよ~。
太郎ちゃん、千恵ちゃんがいなくなっても、千恵ちゃんパパに会いに行ったりしてるんだよ?
千恵ちゃんに会う為に…。
2人のラブストーリーを読んだら、彼の結婚に対して「喝!!」ですたい。
スポンサーサイト

おひっこしですぅ

はぁぁ、旦那の実家との二世帯住宅にお引越しが98%くらいの確率で決定です。
今住んでいる所から少し狭くなるので、荷物のお片づけでいっぱいいっぱい。
圧縮したり、当面使わない子供服なんかをひいおじいちゃんのおうちにおく準備をしたり。
引越し自体は距離も短いので普段からちょこちょこ運搬しておけば楽チンなんだろうけど、役所関係の手続きってけっこう面倒っぽいなぁ。
幼稚園のバス、変更してもらわないといけなくなるし…。
電話番号はたぶん、かわらんだろうし。

でも、なによりも、一戸建てに引っ越すので、楽器の練習ができるんよね。
これ、おっきい。
だからちょっとノリノリだったり。

旦那の実家とは普段でも結構行ったり来たりだから、距離が短くなると楽になるし。
家賃が激安になるのでそういうところがおっきいよね。
さ、貯金しようっと。


でも、旦那に言ってある事があります。

「二世帯はいいけど同居は嫌だ」

いわゆる、スープの冷めない距離がいいということで。
冷蔵庫は別にしましょう
なんて、よく聞く話。

関門海峡

20080114153333

みんなで下関に行ってきました。
写真のあっちがわが九州。
壇ノ浦が近いので本当は行きたかったけど、時間の都合でいけなかったのが残念。
安徳天皇のお墓もあるので今度はおまいりもしたいなぁ。
享年7歳。
あの海で、ばあばに抱かれて沈んでったのかな?
宗盛くんは往生際が悪かったんだろうな。
徳子さんはどんな思い出源氏に助けられたんだろう…。
源平の最終決戦がここであったんだなぁ。
そう思うとこの海も違った感じに見えてきます。
一緒に行った人たちは源平の事は全く分からないので、ひとりごと。
なんか、「平清盛やったっけー?」なんて言い出す始末。
清盛もう死んでるっちゅーねん!!
ほんまに困ったもんです。
「平清盛は厳島神社…というと、光源氏じゃなかったの?」
光源氏は架空の人物ですから!
それにしても。
阿部寛の知盛(大河ドラマ「義経」)がかっこよかったなぁ。阿部寛がかっこいいんだけど。

縁起の悪いマフラー

友人には、男性に手編みのマフラーをプレゼントすると、破局するというジンクスがあるんです。
でも、本人は気付いているのか気付いていないのか、また編もうとしてる。
縁起が悪いんじゃない?って教えてあげたいけど、言いにくくて言えません。

1本目。彼氏に編んだけど、半年後破局。
2本目。幼馴染兼元彼に編んだけど、1ヶ月前他の女性と結婚。
3本目。学生時代の同級生に編んだけど、1年半前他の女性と結婚。
4本目。彼氏に編んだけど、半年後破局。
5本目。編んでる途中に片思いの相手に逃げられる。
6本目。どうなる事やら…。相手は遠洋漁業の人なので、ほとんど日本におらず結ばれるのか!?

なんで、そんなにマフラーと言うものをプレゼントしたがるのだろうか?
FMのお兄さんがいってたけど、手編みは付き合って1年以上くらいの女の子にもらうんだったらいいけど、そうじゃない場合はちょっと…。って。
男の人って手編み、うれしいのかなぁ?どうなんだろう。
一目一目に想い(怨念?)が篭ってそうで「重い」って聞くけど。
そんなにここ3年の間に6本も編んだら、価値がないよ。
知り合った男性全てにプレゼントしてる感じで見ているこっちはすこし不快。
本人は必死なんだろうけど、必死すぎる。
誰かが教えてあげないといけないんだろうけど、恋愛に関する事は静観するに越した事はないね。

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

箱根駅伝

今年は棄権3校という、大波乱の結果に驚きました。
繰上げスタートすることなく、全部がゴールできれば…と思いつつ見ていますが、9区から10区でありましたね。残念です。

多分、1994年くらいだったとおもう、箱根駅伝。
まだ私は高校生だったのだけど、「この人かっこいいー」って思った人がいました。
山梨学院のアンカーの選手。
結局それ以降、彼は駅伝で見ることはありませんでした。
選手、いっぱいおるもんなぁー。
そんな感じで流していたんだけど、結婚して中国地方に来てから彼に再会。
…といってもブラウン管越しだけど。
世界陸上に出てた。
それに、我家の電力の供給源である、中国電力の選手。
ニューイヤー駅伝にも中国電力代表でもちろん走ってる。
尾方剛選手。
やっぱり、男前だわー。
大阪の世界陸上は5位に終わって、北京の切符はまだだけど、絶対いってほしいなぁ。
なんだか、運命を感じてしまった。
きっと何かのご縁があるんやろうね。
知り合いになれたらいいなぁ…無理かな。
いやいや、意外にあるかもしれへんよ。子供越しに…とか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。